健康睡眠素材 VENETRON(睡眠改善 抗ストレス素材)

  • 豊富な機能性
  • ラフマとは
  • ラフマ産地への旅

ラフマ産地への旅- 1

1日目

今回訪ねたのは中国北西部にある新疆ウイグル自治区で、天山山脈の山麓からタクラマカン砂漠の入り口あたりです。ラフマの名前の由来であるロプノール(さまよえる湖)に通じるところで、ウルムチ、トルファン、コルラ、イリといった街を巡ってきました。 出発は9:30発の北京行き、3時間半のフライト。この日は北京に1泊です。午後ホテルにチェックインし、早々に市内の王府井通りに出向きました。ここは北京の目抜き通りで、東京の原宿や新宿を思わせますが、メインストリートは僅か数百mしかありません。それでも四六時中人が多く、通りを端まで見渡すことは出来ませんでした。

夕食は北京ダックをいただきました。1~5階まですべて北京ダック専門の有名店ということもあったのですが、30分以上待たされました。中国というところは基本的に予約ができず、いくら電話で必ず行くといっても信用してくれないのです。それでも待った甲斐があり、とにかく美味しかったです。

Page TOP

2日目

初めてのウグイル料理

2日目はウルムチ目指して再び飛行機です。北京から約4時間のフライト。

タクラマカン砂漠や天山山脈を眺めながら機内食でウイグル料理をいただきました。初めてのウイグル料理だったのですが、なんと日本のうどんそっくり、と言うよりそのものでした。ウルムチ市内 新疆大学(もしかしてうどんのルーツだったりして!?)麺はうどんなのですが、スープは野菜たっぷりの羊肉炒めがのっています。お味のほうはバッチリ、トマトベースで日本人の口にも合います。でも、麺が少々のびていたのが残念でした。あとで知ったのですが、本当は麺がのびないようにスープは食べる寸前にかけるのです。そして、とにかく麺がのびないうちにあっ!という間に食べてしまうのです。現地の人たちは2玉ぐらいのうどんに具沢山のスープをたっぷりかけて、私が熱くて半分も食べないうちに完食していました。

ウルムチはウイグル自治区の中心都市で、空港から街に向う車窓の眺めは大都市そのもの。正直、中国の田舎町(失礼!)を想像していた自分が恥ずかしくなりました。 気温は一年の寒暖の差が激しく、夏は40℃、冬は-10℃にもなるそうです。私が着いた8月のお昼時はいきなり38℃を上回っていました。

トルファンまで移動

中国と日本の時差は-1時間です。これは北京を中心にしていて、中国はどこにいっても北京時間です。それでも飛行機や列車の時刻は北京時間表示でしたが新疆はウルムチを基準にした現地時間(日本とは-4時間)で行動していました。しかし、大学の授業などはやはり北京時間で動いているとのことで、現地時間の朝5時ごろから授業がはじまるそうです。夏はいいですけど冬は大変でしょうね。 この日はいっきにトルファンまで移動するため、昼食をすませると早々に自動車で出発です。

トルファンまでの道程はほとんどが高速道路で3時間半あまりの快適な移動でした。 砂漠の中を一直線 ウルムチの街を出るときに「砂漠に出る場合はこれが無いと大変なことになります」と言われ、凍ったペットボトルのミネラルウォーターを買わされたのですが、その時は半分冗談だと思っていました。車の中はほとんどクーラーを使っていなかったのですが窓からの風だけであまり暑さは感じません。それは湿度が10%ぐらいしかないからなのです。つまり日陰にいればそんなに暑さは感じず、汗も思ったほどかきません。その代わり呼吸や肌から水分が蒸発しているのですね。トルファンに着く頃、気が着いたらミネラルウォーターが空っぽになっていました。湿気が多い日本ではちょっと理解し難いですね。

風力発電群トルファン

砂漠地帯に突然現れた風力発電機、100機以上あると思われます。確かに強い風が休むことなく吹き続けていました。 突如現れた風力発電群トルファンに着いたのは現地時間で午後6:30ごろ。まだまだ日はあるのですが、夏休みでシルクロードの観光地という事もあって、なかなかホテルが取れません。今回は一切旅行業者を使わず現地の大学の先生に案内していただいたので、前にも書いたように事前予約ができません。結局30分ぐらいウロウロして漸くチェックインすることができました。しかし、現地の人が交渉しただけあって、なんとフロントの表示価格の約半分で泊まることができました。普通なら日本人だとボラれてしまうところですがこれには感謝感激です。

Page TOP

3日目

トルファン名産 ブドウ

トルファンの名産の一つにブドウがあります。これは市内にあるぶどう棚の遊歩道です。 翌日はトルファン周辺を廻ってみました。ここはシルクロードの中心にある街でその昔からオアシスとして栄えてきたところです。旧所名跡が沢山あり、日本人観光客もそこそこいました。

地下水路 カレーズ

中でもカレーズと呼ばれる地下水路は一見の価値ありです。山麓から取水した水を数十m間隔に縦穴を掘って繋げたもので、新疆全体で1300もあり、500年余り前から作られ始めて今も利用されています。水はとっても冷たくて紙コップ1杯0.5元(約7円)で売っていました。まさに天然ミネラルウォーターといったところです。因みにphは7.94とアルカリ性です。

ベゼクリク千佛洞の駐車場脇で体験乗馬ならぬ体験乗駱駝?!

ここは砂漠のど真ん中?ではありません。トルファンの郊外にあるベゼクリク千佛洞の駐車場脇です。観光客あいての体験乗馬ならぬ体験乗駱駝?!

天然の要塞都市、交河故城

その日、最後に訪ねたのは交河故城です。交河故城東西を川に挟まれた東西最大330m、南北1600mの台地上にある天然の要塞都市です。近年、中国の新疆文物考古研究所と共同で日本の早稲田大学の調査隊が多くの出土品を発掘したそうです。

ラフマを発見

夕方、閉門ギリギリに出ようとしたとき、なんと城の入り口付近でラフマを発見。もうすぐ門が閉められてしまうので慌ててカメラにおさめました。 付近の川岸などを捜したのですが、それ以上見つけることはできませんでした。でも、すぐ脇の石畳に小さな芽が出ていてチョッピリ感激です。

ウグイル料理は羊肉

この日はトルファンに連泊、夜は白酒(パイチュウ)で乾杯しました。中国に来て3日目、内陸的気候にも馴染んできてちょっと気持ちが緩んだのか、気がついたらホテルのベットで眠っていました。 写真でも紹介していますが、ウイグル人はイスラム教徒なので豚を食べません。お肉はほとんど羊肉です。正直、出かける前はかなり臭うかなぁと思っていたのですが、案外平気でした。野菜や果物が豊富で本当に何を食べても美味しかったです。でも、ホテルのバスタオルがマトン臭かったときがあり、これにはちょっと閉口しましたけどね。 味はとっても美味しいです。中華料理より日本人には合うかもしれません。 でも、お肉はすべて羊肉。慣れてしまえば・・・。

Page TOP

4日目

サージ(沙棘)の木

中国に来て4日目、この日は1日かけてコルラに移動です。 ホテルを7:30に出発。途中いろいろな植物を見ながら走りました。たまたま立ち寄ったガソリンスタンドの脇にサージ(沙棘)の木が生えていました。最近日本でも健康食品で扱われるようにようになってきました。グミ科の植物で果汁がよく使われています。乾燥や気温の変化に耐える強い植物で、中国だけではなく世界中に分布しています。果実が熟れると濃いオレンジ色になるのですが、これはまだ若くてみどり色です。

ラフマとよく似た植物、ハクマ(白麻)

午後になって道路際の土手にラフマとよく似た植物のハクマ(白麻)を見つけました。ラフマに比べると背丈が低く、ラフマは花が鮮やかなピンクでラッパスイセンのように細長いのに対し、ハクマハクマはかなり白っぽくて釣鐘型で下を向いています。また、ラフマは付近に水があるところに生えていますが、それに比べるとハクマは比較的乾燥したところが多いようです。この場所も付近に水はなく、土の表面は乾燥して塩が吹いていました。この塩は場所によって15cmも堆積し、上をはがして中の方だけ採取して天塩として使っているそうです。舐めてみたら甘みがある美味しい天塩でした。

コルラ

日も傾き始め峠を越えればコルラというあたりまで来たときです。突然の大渋滞で、山の上までずっと渋滞が続いていました。すると、運転手さんはいきなり道を外れて砂漠の中を走り始めたと思ったら、2kmぐらい先の渋滞に合流できるところに並んでしまいました。さすが中国、とにかく早いもの勝ちです。日本なら大ヒンシュクですよね。おまけに2車線しかないのに対向車線まで並んでしまっています。結局、車両火災が原因で一時通行止めだったのですが、開通しても双方車線が埋まってしまって1時間以上も待たされてしまいました。

ところで、この渋滞待ちの間に道端のペットボトルを拾っている人に出会いました。その人が来るとみんないっせいに車内にあったカラのペットボトルをすてるのです。彼はお礼のようなことを言ってその場で潰して袋に入れて立ち去って行きました。早い話が廃品回収業で子供がよくやっているそうです。なんと日本の使用済みペットボトルも全て中国に輸出されていて、日本のリサイクル工場は閑古鳥が鳴いているとか。中国の資源集めは石油や天然ガスだけではないのですね。中国の底力を垣間見た気がしました。

コルラという街は石油ラッシュで大きくなったところでトルファンのような観光地ではなく、基本的にビジネス中心の街です。街の中心街を大きな川が轟音をたててながれていました。この川は車で30分ほど西にいったところで10kmはあろうかと思われる堤防ダムに堰き止められ、そこの出来た人口湖に砂浜が造られてリゾート化されていました。湖の真ん中にある島には珍鳥動物園があると手書きの看板が立っているのですが、そこには孔雀やオウムが描かれていました。確かに鳥を見かけた記憶がなく、孔雀やオウムでも珍鳥なのでしょう。付近には別荘方式のホテルもあったようですが、値段が高いのか人はまばらで高額所得者しか利用できないようです。 ・・・つづく。

続きはこちら

Page TOP